総合 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

オートンシーラー

オート化学工業製のシーリング材。1液系ポリウレタンで作業性、耐候性に優れ、長期にわたってその機能を維持・発揮できるシーリング材です。

投稿者 iwata: 01:00 | 続きを読む »

苛性ソーダ

水酸化ナトリウムのことであり、基礎工業薬品の中でも重要な素材として様々な用途で用いられて
いる。化学式はNaOH。岩田商会では古くから苛性ソーダの販売を手掛け、中部地区で苛性ソーダディーラーとしての地位を確立している。

投稿者 iwata: 01:00 | 続きを読む »

ヒアルロン酸

子供の肌がすべすべで潤っているのはヒアルロン酸の影響だと言われている。ヒアルロン酸はもともと
臍帯から単離できるが、ニワトリの鶏冠にも含まれていることから鶏冠から抽出したもの使用していた。最近は乳酸菌や連鎖球菌により大量生産できるようになっている。最近では医療分野での利用、化粧品などの保湿成分、健康食品などいろいろなところでヒアルロン酸の名前を聞くようになってきた。

投稿者 iwata: 01:00 | 続きを読む »

窒素発生装置

窒素ガスは空気中に約78%も含まれているが、酸素と違って化学反応をしない気体として知られている。酸素はモノを燃やすだけでなく、その酸化作用で、錆びる、腐る、劣化するなどの悪さをすることが多い。物質を安定に保ったり、精密な化学分析をする際には窒素ガスを使って酸素と接触させないようにしておく必要がある。そのために窒素を空気から分離供給する装置が必要となります。

岩田商会で扱う窒素発生装置「N2 GENERATOR」はロータリーバルブ方式で圧倒的な低価格を実現。軽量&コンパクトで可動式、そして低騒音設計。スイッチひとつで純度99〜99.99%の窒素ガスを供給。手間のかかるボンベの購入・入替作業のムダを省くことが可能です。今までボンベを使用してきた設備や研究室には最適でしょう。

投稿者 iwata: 01:00 | 続きを読む »

ポリウレタン

ポリウレタンはイソシアネート基とアルコール基が縮合してできた「ウレタン結合」でモノマーを共重合させた高分子化合物のこと。ウレタン結合を含む物質は、通常、グリコールを主とするポリオールと、ジイソシアネートを反応させて合成する。ほかにカルボキシ基、アミノ基などの官能基を利用することで多様な性質を生み出すことができる。ウレタンフォーム(発泡ポリウレタン)を製造する場合は発泡剤を加えて重合させる。建築用シーリング材、接着剤のほか、自動車部材(シート、バンパーなど多部位)や、繊維、靴などにも利用される素材である。

投稿者 iwata: 01:00 | 続きを読む »

シーリング材

建築用シーリング材は建築物の防水性や気密性を高めるための防水材料です。
岩田商会では「オート化学工業株式会社」製造のシーリング材を販売しています。長期にわたってその機能を維持・発揮することはもちろん、外壁やサイディングボードとの色の調和を図り、建物の美観を損ねないよう多彩な色を取りそろえています。

投稿者 iwata: 00:00 | 続きを読む »

プラズマ

プラズマとは、原子や分子から、電子が離れて、イオンと電子が、混在した状態をさします。
自然界には地球のエネルギーの源である太陽、太陽風、星間物質、電離層、オーロラ、稲妻等、様々な形のプラズマが存在しています。また身近にあるプラズマの例としては点灯している蛍光灯の内部、室内ディスプレイのプラズマボール、意外なところでは火(燃焼炎)もプラズマの一種です。
また種々のプラズマにより、核融合、プラズマディスプレイ、溶接、プラズマロケット、カーボンナノチューブをはじめとする立体構造を持つ様々な機能・特性を備えたハイテク新素材の生成技術など広い分野に応用されてます。

投稿者 iwata: 12:00 | 続きを読む »

イオン液体

食塩などの通常の無機塩は常温で固体であり、液体にするためには数百度に加熱しなければなりません。しかし塩を構成するイオンを比較的サイズの大きなある種の有機イオンに置換した場合、融点が低くなり、室温付近でも液体状態で存在するようになることがあります。このような塩をイオン液体と呼びます。ある種のイオン液体は水にも有機溶媒にも溶けないものもあり、第3の液体とも言われています。その一方で親水性の高いイオン液体も存在し、それ以外にも溶媒中の分散に難を抱えるカーボンナノチューブを良く分散させるイオン液体などがあり、非常に広範な適応力を持つ液体です。
その他、難燃性・不揮発性・高極性・高イオン伝導性・高耐熱性などの性質を有しており、これらの性質から環境に優しいグリーンケミストリー用反応溶媒や安全で高性能の次世代電解質としての用途が期待されています。

投稿者 iwata: 12:00 | 続きを読む »